2018年1月

明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いいたします。

昨年末6回目のオークションが終了しました。
『6回目となるとオークションもユーリアの衣裳だけでは物足りない』というファンの声もあったので今回はプレゼントの動画に力を入れました。
衣裳も一点、動画も一点と考えれば価値あるオークションと考えました。
今回は落札価格により動画の内容と録画時間を変えました。高額の落札者には特別な動画をプレゼントしました。

ミニ動画とはオリジナルフィルムのノーカット版です。DVD作品はオリジナルフィルムを編集して使います。ノーカット版の動画の面白さはDVD作品と趣が違います。しかしミニ動画を作品として販売することは難しいと考えています。ミニ動画だけをオークションに出品した場合、落札されるだろうか。ファンの意見を聞きたいと思っています。

2017年12月

オークションで衣裳を落札された方へプレゼントする動画の内容を簡単に説明します。
ユーリアがソファーに座ってメークしているシーンから始まります。
その後、隣の小さなベッドルームに移動してユーリアがベッドの上で楽しそうにはしゃいでいるシーン。ベッドルームから移動してピアノを弾いているシーン。ピアノから離れたユーリアは床に置いてあるラジオから聞こえる音楽に合わせて踊るシーン。踊った後、床の上でセクシーポーズをするユーリアのシーン。

今回プレゼントする動画のシーンは未公開のシーンも含まれます。黒のドレスを着て踊り始め徐々に衣裳を脱いでいくユーリア。曲に合わせて踊るシーンはとても迫力ある見応えのあるシーンです。今後このシーンは作品に使うことはありません。オークションに多くの方が参加することを期待しています。

2017年11月

Yahooオークションに出品する衣裳の準備が整いました。先月の段階ではすべての衣裳の確認ができていなかった為、出品する衣裳に変更が出てしまいました。動画の中で着ている衣裳が見つからなかった為、急遽、衣裳と衣裳着用の動画を変更する事にしました。

衣裳着用のシーンの動画を探すのは衣裳を探すより時間がかかります。今回出品する衣裳着用のシーンのオリジナルフィルムを探してから内容をチェックします。作品に使っていないシーンがどのくらいあるのか、ファンが見てみたいと思うシーンがあるのか、etc…フィルムに目を通します。衣裳着用のシーンのフィルムを探していたおかげでこんなシーンも撮っていたのかと新たに見つけることができました。作品を作る度にフィルムは見ているつもりだが撮影した自分が忘れてしまっているシーンがまだあるようだ。

今回プレゼントの動画もオリジナルフィルムをできるだけノーカットで作る予定です。期待以上のプレゼント作品が作れると良いのですが...
動画のコマを何枚か写真にしてみました。

2017年10月

今年もユーリアの衣裳をYahooオークションに出品します。
昨年のオークションはいろいろと考えさせる事が多く次回をどうするべきか悩んでしまった。ファンからの意見や要望を参考に6回目オークションは動画をつけることにしました。
今は出品する衣裳の選別作業中です。どのシーンで着たのか、写真はあるのか、動画はあるのか...など、衣裳を一着決めるには大変な時間がかかります。撮影終了後の衣装はどのシーンで着用したのかメモせずアシスタントがまとめてバッグに入れてしまいます。時間のある時はユーリアと衣裳について話をします。強行スケジュールの撮影の時はユーリアとアシスタントに衣裳のことはすべて任せっぱなし。衣裳を見てもどのシーンでユーリアが着たのかフイルムを見ないとわからない状態なのです。その為、オークションに出品する衣裳は私が特に記憶に残っている衣裳を探して出品しています。それでもフイルムを見ながら確かにこの衣裳なのかと確認をしなくてはいけない。間違いがあってはならないので時間をかけて慎重に衣裳と着用シーンのフイルムのチェックをしています。
特にユーリア着用のブラを識別するのはとても難しい。ユーリア愛用のブラはレースの柄と色がよく似ている。どのシーンで使ったのかわからないブラが沢山あるのです。

今回の動画は絶対作品化しないと思っていたフイルムの中から2点選んで動画を作ります。写真集Part4に掲載されている衣裳です。
赤のレースストレッチメッシュテディは特に印象があったので動画のシーンはこの衣装にしたいと思っています。

BACHELOR⑪の特集記事『発表!俺の生涯ベスト・モデル』に①リンジードーン・マッケンジー、②クロエ・ベブリエ、③ユーリア・ノーバ、④ダニー・アッシュ、~~~と書いてありました。

2017年9月

次回作は『RBD32』より以上にオリジナルフイルムをノーカットで編集し直して作品にしたいと思っています。
ユーリアデビュー当時のフイルムはきわどいシーンが多くあり、ほとんど未使用のまま作品化していませんでした。
今、オリジナルフイルムを見直しています。