Author Archives: admin

2017年3月

インフォメーションにも書きましたが昨年からアマゾンのような大手通販サイトは審査をパスしたDVDのみ販売します。アダルト作品なのでモデルの年齢が18歳以上である事を証明する為にパスポートが必要らしい。

当時、私がモデルを撮影しようと思う時、まずオーデションを開く。会場はモデル学校だったりモデル事務所であったり会場に沢山のモデルが集まった。選んだモデルにはまずヌード撮影である事を本人が納得できるまで説明する。基本として私は初ヌードのモデルを撮りたいと思っていたので交渉はいつも時間がかかった。次は報酬をいくら払うかという事をモデル、モデルの親、又はモデルエージェントと話し合う。交渉成立すると本人のサインと生年月日を契約書に書いてもらって仕事にとりかかる。いつもこのパターンで撮影をしていたのでパスポートまでは考えていなかった。

今はきれいなモデル達が現れては消えネットを開けばいろいろなモデルを見ることが出来る。当サイトではユーリアがいた為、他のモデルを作品化する事がほとんどなかった。最近ネット上では過激なヌードが目に付く。ある人が『昔のヌード写真は良かったなー』『木津の撮ったモデル達は新鮮に見えるから作品にするべき』と言う。ユーリア以外のモデル達を作品にしようと構想を立てていた矢先に審査の問題が出てきて作業を一時中断している。18歳以上を証明する為にパスポートの提示を義務化されたわけだが審査の基準が曖昧な点も多く腹立たしい。もちろん個人で作品を販売する場合は審査を受けずに販売できる。問題は販路が閉ざされてしまうという事である。

撮影当時、写真のモデル(アンジェリーナ)は18歳、大学生、初ヌードだった。今見てもフレッシュで美しいモデルだと思う。彼女も含めて作品化したいと思っている。

2017年2月

01 02私がモスクワに1994年に渡航して23年が経ちました。本当に語りつくせない出来ごとばかりで語り始めたならば終わりがありません。今は懐かしい時の流れとして思い出しています。モスクワで撮影したモデル達の写真を見ながら思う事は20年間のモデル達の変化です。モデル達の顔、スタイル、性格の変化は作品にも表れているような気がします。20年前は何もなかったけれど素朴で素直な態度でモデル達は仕事をしてくれました。20年前の純粋さは今のモデル達から感じ取ることが出来ません。まずロシアの経済がモデル達に大きく影響したのかもしれません。経済が恵まれてくるとどうしてもわがままになり新鮮さも失われてきます。ユーリア以外ほとんどのモデル達の作品はDVD化していません。今は書籍が激減して電子書籍であったり、作品の配信であったり販売方法が変わりつつあります。
モスクワで最初のオーデションで選んだモデルは写真の2名でした。昔はオーデションを開くと沢山のモデル達が集まったのですが今はネットで写真を見ることが出来るのでオーデションにモデルは集まりません。当時は美しいモデルが多くて選ぶのに本当に困りました。ユーリアに出会うまではバストの大きいモデルはいませんでした。当初の頃、私はモデルの顔の良さを重要視して選んで撮影していました。この二人のモデルの撮影から私のロシアでの仕事が始まりました。

2017年1月

0112月19日、5回目のオークションが終了しました。
ユーリア着用の衣裳に興味を持って下さるユーリファンのお蔭で5回もオークションを続けることが出来ました。
ファンの衣裳への熱が少し冷めたのではないかという事を少し感じた今回のオークションでした。
ファンにとって価値ある衣裳を選んでいますが回を重ねる毎に難しくなってきました。
着用時のエピソードも添えたいと思うと衣裳も限定されます。

次回オークションを盛り上げるためにも事前にどんな衣装が良いのかファンのご意見を聞きたいと思っています。
例えば『DVD作品の中のどこのシーンで着用した衣裳』を出品して欲しいというように聞かせてもらえるととても助かります。

今回出品した『青い帽子とラメ入り青の水着』が高額で落札されたことは大変うれしい事です。出品者としては出品した各衣裳にいろいろな思い入れがあるので落札額は作品に対する評価、ユーリアの人気度と理解しているのです。この写真は今回落札された衣裳着用のユーリアの写真です。

2016年12月

img_9717夏の撮影がすべて終わりました。
別荘からの帰り、車の中でユーリアはアシスタントとおしゃべりに夢中。次の撮影は冬。『冬の撮影が待ち遠しい』と言っていました。
撮影した各シーンの画像はプリントして次の撮影の時ユーリアにプレゼントしています。写真はヌード以外の写真です。彼女は自分の裸の写真は見たがりません。彼女が欲しがる写真は自分の好きな衣裳を着た写真です。いつもうれしそうに写真を見ながら好きな写真を選んでバッグに入れて帰りました。ユーリアがプリントにサインをし始めたのは3回目の撮影からだったと思います。彼女はご機嫌な様子で自分の好きな写真にサインをしていました。とにかく楽しそうに沢山の数の写真にサインするのです。彼女が気に入った写真を見ることでユーリアの好きな衣裳を知ることが出来ました。彼女はどんな衣装でも美しく着こなしてくれます。着た衣裳は必ずたたんで置いてありました。丁寧で几帳面な性格は、いつの時でも彼女のしぐさで感じ取ることが出来ます。
作品作りに衣装は欠かせないものです。ユーリアに着せたい衣装を探すことを常に心がけていました。特にモスクワでは時間があれば衣装を買いに出かけました。但しユーリアのブラジャーはユーリア同伴の時に買うようにしていました。彼女のサイズを探すのに苦労しました。彼女にとってブラジャーは貴重なので大事に長く使っているようでした。時々、撮影に使った新しいブラと彼女自前のブラを交換してもらい記念に日本に持ち帰りました。
RBD25【ユーリアコスプレシリーズ『完全版 ザ・プレミアム』】の作品の中でユーリアが写真にサインしているシーンがあります。

2016年11月

img_3334予定通りユーリアの撮影は順調に終わり、ユーリアと冬の撮影の約束をして別れました。この頃は日本からフィルムを約2~300本持って出かけました。以前ユーリアをもっと撮影したいと思った時フィルムが足りなくなったことがありました。当時モスクワでプロ仕様のフィルムを売っている店はほとんど無く半日かけて探し回りました。やっと見つけても数本しか手に入らず、なんと不便な国なのだろーと思ったものでした。それ以後フィルムは持てるだけ持って行くことにしたのです。しかしフィルムも本数があるとかなりの重量になります。フィルムだけは行きも帰りも肌身離さず持ち、帰国すればフィルムは2回に分けて現像所に出していました。 何故ならば失敗されたら大変だからです。現像されたフィルムが届き仕上がりを目で確認できた時の達成感...

デジタルカメラを使うようになった今は撮ったその場で確認が出来便利になったが何かが違う...。カメラが撮ってくれるのではなく人間の能力で撮ったフィルムの時代が何とも懐かしく思える。デジタルカメラよりフィルムが良いと思っていた私も今はすっかりデジタル化されてフィルムの重さ、フィルムの入れ方も忘れかけている。

クレムリンの川岸に北野武さんの顔と大きな広告看板が目に入りました。モスクワ川の船上から記念にパチリ。北野武さんの受賞のニュースを見てこの写真を思い出しました。