Category Archives: モスクワ物語

2018年8月

今年の日本の夏は猛暑。私のスタジオがある伊勢崎は『日本一暑い所』にランクインしている。とにかく暑い。私が行った時のモスクワの夏は30℃を越える日は少なかった。夏なのに18℃の時もあった。しかし7月初めの撮影で33~4℃になった日があったことを思い出す。

日本に比べて湿度が無いので日陰にいれば暑さを避けることが出来る。この日の撮影はモデル、マリリンとブリジット、エレナ。 コスプレの衣裳を着ての撮影だった。外での撮影は暑さとの戦い。しかし冬が長い為か、モデル達は、暑い夏を満喫しているように見えた。彼女達は休憩時間、裸で過ごすので私は彼女達の日焼けが気になって仕方なかったことを思い出す。外の撮影は太陽が眩しいので、暑さと眩しさを表現してしまう彼女達の表情は絵にならない。日差しが強いのでモデル達の顔や体が赤く日焼けしてしまう。休み、休みの撮影で予定数のカットが撮れない。私はイライラしたのを思い出す。比較してはいけないがユーリアは暑い時でも決してわがままを言うことが無かった。

ホテルに戻ったら多くの旅行客がフロントに押しかけて『エアコンの部屋に変えて欲しい』と訴えていた。ホテルの室温は35℃になっていたのだから。当時のホテルは暖房だけは完璧だがエアコン付の部屋は少なかった。幸いこの時はエアコン付の部屋だったので私は快適に過ごすことが出来た。世界中、異常気象が続いている。海外での撮影は限られた日数の中で撮影しなければならない。想定外の出来事が多くなってきた今、海外での撮影は難しくなった。

2018年5月

この写真を見ながらこの頃のモスクワの町を思い出しています。レトロな建物や車、ノスタルジックな風景。昔の旧ソ連の町並みはもう再現できないだろう。美少女ユーリアの素朴なイメージがレトロな町並みに良く似合っている。今思うとあの頃のモスクワが懐かしく良き時代だったように思う。計画停電の中薄暗い部屋での撮影...手持ちのストロボで撮影したことも多かった。今このようなノスタルジーを感じさせる写真はもう撮ることが出来ない。ユーリアの初期の作品の良さは不朽の名作と我ながら自負している。手前味噌で恐縮です。この写真は今手がけている作品の中のひとコマです。グレーのタートルネックのセーターに黒のコートを着て白い息を吐きながら『ドーブルウートラ(おはようございます)』と笑顔で挨拶するユーリア。ホテルの前に集合してこれからモスクワ郊外の別荘へと向かいます。

2017年7月

新作DVD『幸福の時間」(しあわせのとき)』を7月に発売いたします。

今回のRBD32は大変人気のあったお風呂のシーンです。オリジナルフイルムをノーカットに近い65分の作品に仕上げました。この作品は当サイトのみで販売いたします。

ユーリアの撮影は台本無し、彼女の好きなように動いている様子を撮影しています。撮影中彼女はアシスタントとプライベートな話をしていることが多く会話はカットせざるを得ません。アシスタントがおしゃべりでユーリアの言葉と重なってしまい翻訳者が理解できない事も多いのです。
撮影中彼女たちが何を話しているのか私にはわかりません。アシスタントは日本に何回も来ていたのでユーリアは彼女に日本の事を聞いていたようです。作品の中でユーリアが日本に行けたら...の話をしています。今、考えてみるとこの時ユーリアを日本に連れて来ていたらどうだったか。何かが変わったかもしれません。この頃のロシア人は簡単にビザをとることが出来なかったのです。日本人がロシアに入国する場合でもいまだにビザが必要です。

このシーンは夏に撮影しました。ユーリアは日焼けしたくて外の撮影が大好きです。私はできるだけ日焼けして欲しくないので日陰で休ませながら撮影を続けるのですが外の撮影が続くと日焼けは仕方ありませんでした。ユーリアはシャワーを浴びたりお風呂に入ることが大好きです。作品の中でも彼女は話しています。外の撮影が終わるとすぐにバスルームに移動します。このバスルームでは1時間以上撮影を続けていました。長くお風呂に入っているのでお湯がぬるくなってしまったみたいでもう少し暖かくしてほしいと言いながら長湯を楽しむユーリアでした。ユーリアの上気した顔が幸せそうに見えたのでタイトルを『しあわせのとき』としました。

2017年6月

6月20日発売の週刊ポストに『BACHELOR』輝ける40年史が掲載された。
『BACHELOR誌』は外国の巨乳モデルを掲載している巨乳専門誌。
もちろん40年史に登場したモデルの一人としてユーリアの写真も掲載されている。
ロシアモデルとして初めて『BACHELOR誌』に掲載されたのもユーリアだったと記憶している。ユーリアの出現は世界中の巨乳モデルファンに衝撃と感動を与えた。当時、サーバーがダウンして機能しなくなったりしたこともあった。外国に本を販売している販売代理店が急に外国から『BACHELOR誌』の注文が増えたと言っていたことを思い出す。注文や問い合わせが急増したのはユーリアが『BACHELOR誌』にグラビア掲載されたのが理由だった。20年前は国内でも外人モデルを掲載した専門雑誌が多数の出版社から販売されていたが現在は『BACHELOR誌』だけになってしまった。
ユーリアの作品を発表する度に『BACHELOR誌』にはグラビア掲載をしてもらっていた。とにかくユーリアの写真を多く掲載した本は『BACHELOR誌』だけだったのだからこれからも元気な姿で継続して欲しいと思っている。

2017年5月

モスクワでモデルを撮り続けて約20年。
モスクワの時代の変化と共にモデル達のヌードを撮り続けてきました。当初の頃はソ連時代の格式ばった別荘や古いアパートなどで良く撮影したものでした。
寂寥感が漂う街並み、うす暗い街灯がともる街並み、撮影に必要な電源も自由に使えなかった時代に撮影した作品は今見ても新鮮です。
近代的に変貌したモスクワと同様にモデル達の顔や容姿も大きく変わったように思えます。作品化していないモデル達を電子書籍などで発表したいと思って、今フイルムをデジタル画像に作り替えています。大変手間のかかる作業ですが良い作品なので発表したいと思って作業を続けています。