Monthly Archives: 1月 2014

ロシアタレントとの出会い#20

img7301994年3月、私が最初にモスクワに行った時、街はすべて節電をしていました。ホテルや地下鉄などの電灯は60%しか点いていませんでした。計画停電もありストロボが使えなかったりして戸惑う事ばかりでした。このような状況の中で最初のモデルオーデションをしたのです。日本にいたタレント達がモスクワに帰国し、モデルエージェントと連絡をとり情報はあったのですが、初めてのモスクワでモデルがうまく探せるか不安がありました。
モスクワ郊外にあるバレースクールの教室で最初のオーデションをしました。煉瓦造りの古い建物で鉄の扉を開けて中に入った所は地下の廃坑のような所でした。急な階段を下りたところにあるスタジオまがいの小さな部屋にストロボをセットしモデルを待ちました。うす暗い廊下にモデルが立っていましたが暗くて顔が良く見えませんでした。ファッションモデル経験者と素人モデルが30人ほど集まりました。私の条件は初ヌードです。私は日本にいるロシアのタレントしか見ていなかったのでオーデションに来たモデル達がとても新鮮に見えたのです。各モデルと簡単な会話をし顔写真を撮って、結果は後で連絡することにしました。最初のオーデションには驚くほどのモデルはいませんでしたが若いモデル3人を選んで撮影することにしました。
オーデションが終わってしばらくするとアシスタントに報酬を要求されたのです。黙っていると仕事に関係ない人まで一緒についてきて報酬をくれと言うので困りました。当時、一か月の平均収入は300ドルと聞きました。私も初めての経験だったので初回は仕方なく彼らの要求通り支払ったのです。次回から、報酬に関しては仕事をする前に条件をつけて金額を交渉することにしたのです。私が良いモデルだと思うと彼らは足元を見てギャラを高くします。私としては売れるかどうかわからないモデルに法外なお金は払えません。最初はきっぱりと断ることが出来ない自分に腹がたちました。中途半端な態度はやめて『絶対に要らない』と断ると相手は態度を軟化させるという事もわかりました。日本のモデルエージェントと違って外国人に対して最初は法外な要求をするロシアのモデルエージェントのスタイルも徐々にわかってきました。その後も報酬の事では何度となく口論となりました。しかし私の提示した金額に相手が応じない場合、はっきりと断ることも出来るようになったのです。後日、モデル代を下げて再交渉の連絡が必ずあるのです。日本と違ってモデル代やアシスタントの報酬の基準価格が無いのでお金の交渉が最も大変なことでした。
後になってわかったのですが私が払うモデル代やアシスタントへの報酬は、ロシアの基準よりかなり高額だったらしいと聞きました。モデルとアシスタントが気持ち良く仕事をしてくれる事が良い作品につながる事だから...仕方ない...と思っています。

ロシアタレントとの出会い#19

モスクワに初めて行った時、日本では考えられない事を多く経験しました。
ホテル内にあるドルの両替所の事です。両替所の窓越しに女が指先で『金を早くいれろ』と指示するのです。足りない分ルーブルの古い紙幣を出したらその女が紙幣がきたないと突き返したのです。あまりに横柄な態度なので思わず『古くてもあんたの国の紙幣だろー』と私は怒鳴りつけてしまいました。
それからカメラ店でフイルムを買った時にも同じことを経験しました。フイルム代を古い紙幣で支払ったらきたない紙幣だからと店員が突き返すのです。私は頭に血が上りゼスチャーを交えて英語で文句を言いました。『この金はこの国で両替した紙幣だ!』と...店員は私の言った事を理解したのかどうかわかりませんが急におとなしくなってしぶしぶお金を受け取ったのです。彼らは相手の態度によって横柄になったり、強い態度で接すると仕方なくおとなしくなる事に気がつきました。
参考までにトイレの話もしたいと思います。
それは男子トイレのことです。立ち小便するのに位置が高すぎてつま先を立てて用を足さなければいけません。私などは短足ですからジャンプしても届きません。仕方なしに大便用のトイレを見つけて駆け込んだことがしばしばありました。つまり男子用立ち小便用の壁掛け小便器(壁掛けストール型)の高さが問題なのです。足の長い人には大丈夫だと思いますが殆どの日本人は困っているはずです。空港やホテルなど公共の場所は私が経験した限り不親切な便器でした。要するに大人から子供まで使用できる床置小便局[ストール型]であるべきだと思います。この頃のモスクワのトイレは快適な場所ではありませんでした。 一流のデパートのトイレに行きましたが大便の便器はすべて台座が盗まれていました。如何して用を足すのか考えても想像ができません。『どんなに立派な建物でもトイレを見ればその国の文化がわかり、紙はその国の経済を語る...』と教えられました。
私がモスクに行き始めた頃のトイレットペーパーは手でもんでやわらかくしてからでないと使えないほど厚くて硬い紙でした。トイレットペーパーは日本から必ず持っていくことにしています。img005