Monthly Archives: 8月 2014

ロシアタレントとの出会い#33

img722暖かな部屋にいると外の寒さをすっかり忘れて皆、軽快に動いていました。
私が何も言わなくてもユーリアは自然なポーズを決めてくれます。ユーリアの自然な動きに合わせて私はシャッターを押し続けました。ユーリアの動きはすべて絵になるのです。ユーリアも私も時間を忘れて撮影を続けていたようです。

お昼になったのでアシスタントが料理した食事を皆で一緒に食べました。別荘の台所は広くて清潔で調理器具は何でも揃っていました。デザートは暖かい紅茶とロシアのケーキ。ユーリアもカチューシャもすっかり打ち解けて和やかな雰囲気になっていました。早速、二人は赤いカーテンのベッドルームに移動し撮影開始。カチューシャのバストは大きくないけれど形の良いバストです。しかしユーリアと一緒に撮影を始めたらユーリアのバストに圧倒されてしまってカチューシャの戸惑う様子が見えました。しかし、あえて私は何も話さずカメラを構えて二人のポーズが決まるまでしばらく待っていました。カチューシャは性格も穏やかで品格のあるモデルです。ユーリアもやさしく思いやりのあるモデルです。相性も良かったのでしょう...すぐに意気投合して二人で話し合いをしながらポーズを決め、良い作品を作りたいという姿勢に変わっていきました。ベッドの上に二人の少女...本来ならエロチックな光景になるのかもしれませんが...なぜかユーリアとカチューシャはそのような雰囲気にならないのですから不思議です。カチューシャは英語が得意だったので私は通訳なしで英語で話をしていました。すると横でユーリアが私とカチューシャの会話を聞きながら軽くうなずいていたのが印象的でした。ユーリアは英語を話すのを恥ずかしがっていたのです。

ロシアタレントとの出会い#32

p27ホテルに戻り一休憩。ホテルの前にはロケバスがすでに待っていました。
ユーリアとユーリアの友人のネイルアーティスト、モデル、カチューシャとスタッフがロケバスに乗り込み撮影場所の別荘に移動です。

さすがプロのネイルアーティストです。撮影の合間にユーリアの爪にマニュキアを美しく施してくれました。このシーンはRBD1に収録されています。
ユーリアの友人は台所で食事の支度などしながらユーリアの撮影が終わるのを待っていました。

この写真は写真集Part1に掲載した写真と同じシーンの写真です。この時に着用した赤のドレスはユーリアが大学に入学した時にオーダーしたというドレスです。この赤のドレスはユーリアのバストが大きいので特別にオーダーしたと言っていました。ユーリアが着用できるサイズの衣装を日本で用意することができなかった為、デビュー当時の衣装はユーリア自前のものが多かったと思います。

外は粉雪が舞っていて別荘の周りの広い庭は銀世界...外の気温は-12℃...美しいい銀世界の中でユーリアを撮影したいと思いましたが撮影に慣れていないユーリアに無理は言えません。この日は室内だけで撮影することにしました。

この別荘は暖房設備が整っていたので各部屋の温度を上げて暖かくしてから撮影を始めました。ヌード撮影に慣れていないユーリアとカチューシャだったので特に最初は神経を使って環境づくりをしたことを記憶しています。それぞれ慣れるまでは女性スタッフとカメラマンだけで撮影し、後半二人が慣れたところで二人一緒のシーンを撮影しました。