2016年12月

img_9717夏の撮影がすべて終わりました。
別荘からの帰り、車の中でユーリアはアシスタントとおしゃべりに夢中。次の撮影は冬。『冬の撮影が待ち遠しい』と言っていました。
撮影した各シーンの画像はプリントして次の撮影の時ユーリアにプレゼントしています。写真はヌード以外の写真です。彼女は自分の裸の写真は見たがりません。彼女が欲しがる写真は自分の好きな衣裳を着た写真です。いつもうれしそうに写真を見ながら好きな写真を選んでバッグに入れて帰りました。ユーリアがプリントにサインをし始めたのは3回目の撮影からだったと思います。彼女はご機嫌な様子で自分の好きな写真にサインをしていました。とにかく楽しそうに沢山の数の写真にサインするのです。彼女が気に入った写真を見ることでユーリアの好きな衣裳を知ることが出来ました。彼女はどんな衣装でも美しく着こなしてくれます。着た衣裳は必ずたたんで置いてありました。丁寧で几帳面な性格は、いつの時でも彼女のしぐさで感じ取ることが出来ます。
作品作りに衣装は欠かせないものです。ユーリアに着せたい衣装を探すことを常に心がけていました。特にモスクワでは時間があれば衣装を買いに出かけました。但しユーリアのブラジャーはユーリア同伴の時に買うようにしていました。彼女のサイズを探すのに苦労しました。彼女にとってブラジャーは貴重なので大事に長く使っているようでした。時々、撮影に使った新しいブラと彼女自前のブラを交換してもらい記念に日本に持ち帰りました。
RBD25【ユーリアコスプレシリーズ『完全版 ザ・プレミアム』】の作品の中でユーリアが写真にサインしているシーンがあります。