2017年7月

新作DVD『幸福の時間」(しあわせのとき)』を7月に発売いたします。

今回のRBD32は大変人気のあったお風呂のシーンです。オリジナルフイルムをノーカットに近い65分の作品に仕上げました。この作品は当サイトのみで販売いたします。

ユーリアの撮影は台本無し、彼女の好きなように動いている様子を撮影しています。撮影中彼女はアシスタントとプライベートな話をしていることが多く会話はカットせざるを得ません。アシスタントがおしゃべりでユーリアの言葉と重なってしまい翻訳者が理解できない事も多いのです。
撮影中彼女たちが何を話しているのか私にはわかりません。アシスタントは日本に何回も来ていたのでユーリアは彼女に日本の事を聞いていたようです。作品の中でユーリアが日本に行けたら...の話をしています。今、考えてみるとこの時ユーリアを日本に連れて来ていたらどうだったか。何かが変わったかもしれません。この頃のロシア人は簡単にビザをとることが出来なかったのです。日本人がロシアに入国する場合でもいまだにビザが必要です。

このシーンは夏に撮影しました。ユーリアは日焼けしたくて外の撮影が大好きです。私はできるだけ日焼けして欲しくないので日陰で休ませながら撮影を続けるのですが外の撮影が続くと日焼けは仕方ありませんでした。ユーリアはシャワーを浴びたりお風呂に入ることが大好きです。作品の中でも彼女は話しています。外の撮影が終わるとすぐにバスルームに移動します。このバスルームでは1時間以上撮影を続けていました。長くお風呂に入っているのでお湯がぬるくなってしまったみたいでもう少し暖かくしてほしいと言いながら長湯を楽しむユーリアでした。ユーリアの上気した顔が幸せそうに見えたのでタイトルを『しあわせのとき』としました。